topimg

足の裏の症状について⇒【外反母趾】

外反母趾(がいはんぼし)の症状と原因

外反母趾

足の裏が痛い原因のひとつとしてこのページでは外反母趾について説明していきます。

■外反母趾とは

外反母趾とは母趾(足の親指)が外側(小指側)に反った状態になることを言います。外側に反った親指で外反母趾ということです。親指が小指側に変形してしまうと親指の付け根の部分が内側に飛び出すように変形してしまいます。上から見たときに親指が小指側に反り、付け根が内側へと変形するため、くの字の様な形なっていきます。

これとは反対に内反小趾というものもあります。これは小趾(足の小指)が内側(親指側)に反った状態になることを言います。この内反小趾も外反母趾と同様に上から見ると小指が親指側に反り、小指の付け根が外側へと変形するため、くの字の様な形になります。

外反母趾になると身体の他の部位にも影響が出てきます。腰痛や、肩こり、膝の痛みや頭痛、そんな症状ももしかしたら外反母趾の影響をうけていることもあります。早期発見、早期治療することで重症化させないようにすることが重要ですので、初期段階で処置するようにしましょう。

sponsored link


■外反母趾の原因

外反母趾の原因となるのはハイヒールや先の尖ったファッション性の高い靴を履くことによりなりやすいと言われていますが、実はその前に“開帳足”と呼ばれる状態に足がなっていることが根本的な原因なのです。

開帳足とは、足の構造のアーチのバランスが崩れている状態です。「足の裏について」のページでも紹介しましたが、3点アーチという3つのアーチがあるのですが、この中の親指の付け根から小指にかけてのアーチがない状態になってしまっているため足の指の付け根が横へと広がってしまいます。この状態のままでいると、親指の付け根の骨が靴などで圧迫され悪化し次第に指が変形、痛みを生じてきます。外反母趾になる原因の根本は開帳足から始まりますが、その要因はいくつかあるとされています。

まずは歩き方です。外反母趾の方の歩き方には特徴があり、地面と足の裏を平行に歩くようなぺたぺたと音がするような歩き方になっている方が大半です。この歩き方は足の指の筋肉を使わないため筋力が落ちてしまい、外反母趾を進行させてしまっています。この歩き方を改善しないことには外反母趾が治らないといっても過言ではありません。

次に運動不足です。運動不足になると歩いたり走ったりと足を使うことが少なくなり足の筋力の低下により外反母趾が進行します。デスクワークが多い方や足の指を使うことのない方は運動不足の可能性が高いです。

次に靴が合っていない可能性があります。似合う似合わないの合っていないではなく、足の形にフィットしていないという意味です。これは3点アーチを圧迫していたり、足の指に力が入らないといったつま先の細い靴などを履くことで症状の進行を早めていっています。

このように外反母趾になる原因はいくつかありますが、まずは開帳足にならないような歩き方や足の運動をすることを心がけましょう。

■外反母趾の治療法

外反母趾は初期段階でしたら手術などしなくても治療、または改善することができます。上記にも書いてあるように、根本的な原因である開帳足を改善しないことには外反母趾の進行を止めることはできません。まずは歩き方の改善をしましょう。一日に何千歩も歩くその動作を変えることで改善されていきます。歩き方としては、まず踵から地面に着き、足の指の方まで体重を移動させ、指で地面を軽く押す(蹴る)ような感覚です。フローリングなどの床を裸足で歩いてみると分かりやすいです。ぺたっぺたっと音がするような歩き方になっていると良くありません。正しい歩き方を意識してみましょう。

次に自分にあった靴を履くことです。仕事柄女性などはハイヒールを履かざるを得ないこともあると思いますが、プライベートではなるべくゆったりとした靴や自分の足にフィットする靴をなるべく履くよう心がけましょう。それも無理なようでしたら、しっかりと足の指やアーチを作れる様にストレッチやマッサージを行いましょう。

外反母趾は変形がひどくなると手術することもありますので、治療が難しくなる前に早期発見早期治療するようにしましょう。

⇒足底筋膜炎

⇒足裏の痛みの原因・症状

⇒足の裏のストレッチ

sponsored link