topimg

足の裏とは⇒【足裏の痛みの原因・症状】

足裏の痛みの原因・症状

このページでは足裏の痛みの原因と症状について説明していきます。

足の裏が痛くなると立つのもつらく、歩くことも困難になります。そこで何故足の裏が痛くなっているのか、どのような原因からその痛みがきているかを知ることで、その症状を和らげたり治療することができる可能性がありますので見ていきましょう。

足の裏が痛い原因を見つけると、どういう症状が隠れているのかわかります。足の裏に痛みを発症する原因は様々あり、足の裏のどこがどう痛いのかを把握することでどのような病気があるのかわかりますので、まずはご自身で痛みがある部位を確認してください。症状が複数出ている場合は一つずつ確認しましょう。詳しい原因や症状については各ページを参照してください。

sponsored link

扁平足

■扁平足(へんぺいそく)

土踏まずがない状態の足。右図の赤い部分が凹まずに平らになっている。歩き方が変だったり、転びやすかったり、疲れやすかったりします。見た目だけでも判断できます。原因は「扁平足」かもしれません。
⇒扁平足について

外反母趾

■外反母趾(がいはんぼし)

足の親指が小指側へと変形してしまい、歩くだけでも痛みを伴うこともあります。親指の付け根辺りが赤く腫れ上がることもあります。原因は「外反母趾」かもしれません。
⇒外反母趾について

足底筋膜炎

■足底筋膜炎(そくていきんまくえん)

踵(かかと)が痛くなり、踵の骨から足の指の付け根まで張っていて炎症を起こしている状態。歩くときの一歩目が痛かったり、ずっと立ちっぱなしでいると痛くなることがあります。原因は「足底筋膜炎」かもしれません。
⇒足底筋膜炎について

痛風

■痛風(つうふう)

足の親指が赤く腫れて痛くなります。歩くのも困難になる場合もあります。原因は「痛風」かもしれません。良いものを食べ過ぎると痛風になると言われていますが、痛風は放っておくと危険ですので詳しく見ていきましょう。
⇒痛風について

魚の目

■魚の目(うおのめ)

皮膚の表面が硬くなり中央にある芯に触れると痛みを発します。右図の赤い部分になりやすいです。原因は「魚の目」かもしれません。魚の目は放っておくと完治に時間がかかってしまいますので、早めの処置を行いましょう。
⇒魚の目について

水虫

■水虫(みずむし)

特に足の指と指の間が赤くただれたり、皮膚が剥けやすくなったり、痒みが伴ったりする。また土踏まずのあたりにかゆみを伴う水ぶくれができる場合や踵の皮膚がカサカサでひび割れなどを起こしているなどの原因は「水虫」かもしれません。
⇒水虫について

モートン病

■モートン病

足の中指と薬指の付け根あたりから指先にかけてしびれや痛みを感じることがある。原因は「モートン病」かもしれません。症状が悪化していくと歩くことも困難になりますので初期に発見出来るよう見ていきましょう。
⇒モートン病について

糖尿病

■糖尿病からくる足の痛み

足が腫れあがる、皮膚が黒く変色する、しびれや強い冷え、からだのバランスが取れない。原因は「糖尿病からくる足の痛み」かもしれません。もし糖尿病でしたら足のケアをしないとちょっとした傷でも大変なことになりますので詳しく見ていきましょう。
⇒糖尿病からくる足の痛みについて

ここにあげた症状以外にもたくさんの病気の可能性がありますので、痛みがあれば早めに整形外科など受診するようにしましょう。

sponsored link