topimg

足の裏の症状について⇒【足の裏のホクロについて】

足の裏のホクロについて

足の裏のホクロは癌(がん)の可能性があるということはテレビや雑誌などでも取り上げられているためご存知の方も多いかと思います。しかし、ただ単にホクロが出来たとしても良性の場合もありますので、どのようなホクロが危険なのか把握しましょう。

■足の裏にホクロができる原因

通常、ホクロというのは紫外線や物理的に刺激を受けた際にホクロができます。紫外線を大量に浴びるとメラノサイトと呼ばれる細胞がメラニンを作り出すのですが、このときにメラノサイトが通常よりも活発化したり、なんらかの刺激を受け異常を起こすとホクロができてしまいます。

しかし足の裏というのは普段紫外線を浴びづらい部位ですので、ここにホクロができることは“紫外線”という観点からだと考えづらいです。刺激を受けた際にできたホクロと考えるのが妥当です。

では最初に書いてある足の裏のホクロについて説明していきます。足の裏にホクロができるのはそこまで多くはないですが、ありえることということを念頭に置いた上でどんなホクロが危険なのか見ていきましょう。

sponsored link


■足の裏の危険なホクロ「メラノーマ」

メラノーマという言葉を聞いたことはありますでしょうか?このメラノーマとは悪性黒色腫という悪性の皮膚がんの病名です。「ほくろのがん」とも呼ばれていて、良性のホクロと区別がつきにくいこともあります。皮膚がんにはいくつか種類があり、その中でも最も危険と言われているのがこのメラノーマです。がん細胞の成長がとても早く、他の組織へと転移してしまいます。内臓などの臓器に転移してしまうと取り返しのつかないことになります。

このメラノーマの特徴として直径が6mm以上ある、ホクロの部分の輪郭がぼやけてる、色にムラがあったり真っ黒であったりする、左右対称ではない、いびつな形をしている、ホクロが痛い、出血がある、などといった症状があるようでしたらメラノーマの可能性があります。すぐにでも診察を受けてください。

上記にもありますが全てのホクロが癌というわけではありませんが、もしそれが癌だった場合早期発見、早期治療しないと取り返しがつかないことにもなりかねません。気になるようでしたら皮膚科を早めに受診され、医師の診察を受けることをお勧め致します。

⇒足裏の痛みの原因・症状

⇒糖尿病からくる足の痛み

⇒足の裏のストレッチ

sponsored link