topimg

足の裏の症状について⇒【足底筋膜炎】

足底筋膜炎(そくていきんまくえん)の症状と原因

足底筋膜炎

足の裏が痛い原因のひとつとしてこのページでは足底筋膜炎について説明していきます。

■足底筋膜炎とは

足底筋膜炎とはあまり聞き慣れない方も多いと思います。足底腱膜炎とも言い、足の底の筋肉の膜が炎症している状態を言います。この足底筋膜とは足の裏に膜のように薄く幅広い腱のことで、足の付け根から踵の骨まで張っています。この部分が炎症を起こしたり、足底筋膜の一部に小さな断裂などが起きたりすると足の裏の痛みとして生じます。足底筋膜炎になると足の裏の土踏まずあたりや、踵の前あたりが痛くなり、歩くだけでも痛みを感じます。40〜50歳以上くらいの方になりやすいですが、スポーツ選手や長時間の立ち仕事をする方などの足を酷使する方は若い方でもなりやすいです。

朝起きたときの最初の一歩であったり、座っていて立ったとき、運動をするときの一歩目の着地などで痛みが強く現れます。これは足底筋膜が足を動かす際に引っ張られるために炎症している箇所、あるいは小さな断裂により痛みが生じます。

sponsored link


■足底筋膜炎の原因

足底筋膜炎になる原因として多いのが仕事やスポーツなどで足を酷使していたり、歩き過ぎや硬い床の上に長時間立って仕事したりする、腰や膝が弱い人、靴が自分にフィットしていない方、また老化による筋力の衰えや体重の増加などにより足底筋膜炎になりやすくなります。なりやすくなるだけであって、全ての人にあてはまるわけではありません。この足底筋膜炎の原因は足底筋膜が硬くなることにより、伸ばした際に小さな断裂が起きてしまい、そこから炎症してしまい足の裏に痛みが生じます。

■足底筋膜炎の治療法

足底筋膜炎には即効性のある治療法がまだ見つかってないのが現状です。そのため治療には自然治癒が大半を占めています。足底筋膜が硬くなることが原因ですので、スポーツや長時間の立ち仕事、起床時などの足を使っていなかったときは、しっかり足をストレッチしたり、温めたりすることで足底筋膜を緩めさせ、痛みを軽減する効果があります。靴を履く際はかかとをサポートするクッションなどを使うと痛みが軽減されます。

私の知人で足底筋膜炎の方がいます。仕事で長時間立ちっぱなしのため痛み止めを飲みながら仕事をしておりましたが、薬の効果が切れると階段を昇るのもすごい辛いようです。無理せずに、自分のペースで治しましょう。

⇒痛風

⇒足裏の痛みの原因・症状

⇒足の裏のストレッチ

sponsored link