topimg

足の裏の症状について⇒【魚の目】

魚の目(うおのめ)の症状と原因

魚の目

足の裏が痛い原因のひとつとしてこのページでは魚の目について説明していきます。

■魚の目とは

魚の目とはその名のとおりサカナの目のような形からウオノメと呼ばれているこの症状ですが、正式には鶏眼(けいがん)鶏の眼と書きます。男女関係なくなる魚の目ですが、女性の方が多くなりやすいです。

似た症状として「たこ」がありますが、たこは皮膚の表面が硬くなるだけで痛みはほとんどありません。

魚の目は初期症状では皮膚が硬くなり真ん中に芯ができるのですが、悪化していくとその芯が神経にまで到達し、歩いたり刺激すると痛みを伴うようになります。この芯の部分を完全に除去しないと完治しません。

sponsored link


■魚の目の原因

魚の目になる原因は自分のサイズに合っていない靴や、ハイヒール、先の尖ったつま先部分の狭い靴などを履き、アスファルトなどの硬い地面を長時間歩いたり、立ちっぱなしでいたりすると足の裏の皮膚を圧迫してしまうため魚の目ができやすくなってしまいます。

外反母趾で足の形が変形しているなどするとその変形が原因となって皮膚が圧迫され魚の目になることもあります。

また、姿勢が悪かったり片方の足に重心を置くような立ち方や歩き方をしていると足の裏の一部に強い圧力がかかるため魚の目になる原因となってしまいますので注意しましょう。

■魚の目の治療法

魚の目の治療法としては市販の治療薬でも治ることも多いのですが、市販の薬で取れそうにない大きい魚の目や芯が深くなっている場合は皮膚科で診断してもらうようにしましょう。自分で無理矢理引っこ抜くなどは絶対しないようにしましょう。再発しないよう予防法としてはサイズの合わない靴や、足を圧迫する靴はなるべく履かないようにし、片方の足に体重がかかるような歩き方をしないよう心がけることが大事です。

⇒水虫

⇒外反母趾

⇒足裏の痛みの原因・症状

sponsored link